kyil free map

気になったモノ・コト.

季節モノ

   

最近ではよく見る「恵方巻」。
いつの間にやら季節モノの商売道具として扱われている…。
昔はそんなもの見なかったし(関東では)、置いてなかったような気がする。
確かセブンイレブンで5年くらい前に登場して以来、季節モノの食べ物として扱っているそうだ。

ちょっと調べてみた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E6%96%B9%E5%B7%BB

なるほど、元々関西の食べ物らしい。
販売戦略とは恐ろしいもので数年続けて置いておけば立派な「季節の品」として扱われるようになるのだ。
バレンタインデーと一緒やね。
全くセブンイレブンには頭が下がる。
ヒット商品の作り方もうまい。
さすが業界No'1だけはあるなぁ…。

ということで僕もそれにならってやってみたいがどうすればいいか考えてみた。
例えば2/10は「奴隷の日」という日としてみる(例えば、ですよ)。
複数サイトで「奴隷の日」というキーワードを盛り込み、一貫性を持たせる。

・古代エジプトでは奴隷を労う日として特別に配給が配られていた
・主に水とご馳走を配給として貰えたという。

とりあえずこんなものか。
じゃあ現代にどう盛り込めばいいのか。

・現代ではメイドや執事など、主人に仕える者に日頃の感謝を込めて贈り物をする風習となっている
・万年筆やメガネなど仕事で使う上で便利な物を贈る習わし

こんなものでいいんじゃないかな。
数年繰り返し、大手企業が使ってくれれば万事OK。
残念ながら弱小企業だけでは全く広がらないのでアドも盛り込むとしよう。

…まあ、数年後しだけどね…。

てな具合。
今はネット社会だからこういうやり方ができるけど、インターネットの無い頃は広告をバンバン使って広めていったのだろう。
大変だね。

「○○の日」に限らず、商品にもこれは言えるのです。
結局は露出が増えれば自分だけではなく流行に乗って商品を売ることには変りない。
が、その流行を作るまでが大変ってお話。
だから売る人はその「流行」にアンテナを立てて敏感じゃないといけないのです。
センスというよりかは勉強?
しっかりと色んな方向へアンテナを向けていなければ流行は掴めません。
何でもそうだよね。
FXも株もそうだ。
結局はトレンドをいいタイミングで掴むってことが重要なんだな。

まあ実際は僕なんてまだまだですし、勉強不足です。
何しろアンテナが足りない。
もっと伸ばして掴んでいかないとトップランカーには程遠い。

人生、勝負です。

 - 仕事 ,

  関連記事

関連記事はありませんでした